« 甘えん坊ちゃん 見つけた | トップページ | 愛するわが子と ずっと一緒に暮らすために »

そら くう 近況

東北関東大震災の被災者の方々に心よりお見舞いを申し上げますとともに、犠牲となられた方々に謹んで哀悼の意を表し、心からご冥福をお祈り申し上げます。


震災の後 惚けてしまい 物事が頭の中を素通りしてしまい…
気がついたら1週間以上時が過ぎていました


そら と くうは  特に くうちゃんは  地震が恐かったのか 余震の度に自分達用の通路(タンスの後ろに作った二人のための通路)に駆け込んでいます

Soracoo
手前が くう
奥で くう を抱いているのが そら
この写真は 被災直後 隠れ家に逃げ込んだふたりです

くうちゃんは 恐いことが起こると いつもこの通路に隠れます


以前 部屋の電気が壊れたので 取り外したら

くうちゃんにとっては それが本当に恐いことだったのでしょう…

この通路に入ってしまい 数日間出てきませんでした


 

|

« 甘えん坊ちゃん 見つけた | トップページ | 愛するわが子と ずっと一緒に暮らすために »

コメント

hwanさん
コメントありがとうございますheart01

ありがとうございます
くうちゃんも だいぶ落ち着いてきていると思いますshine

我が家でも ハーネスの練習しようと
以前買っておいたハーネスを出して来ましたheart01

やっぱり いざというときに使えるように
しておく必要がありそうですよねcatface

投稿: そらくうママ | 2011年3月21日 (月) 20時38分

スタッフあかももさん
コメントありがとうございますheart01

震災当日は そら くう のお姉さんにあたる
亀の のこのこ が暴れて暴れてcatface

今考えると 地震を感じていたのかも知れませんsweat01

そら くう の 通路は 彼らの一番安心できる
隠れ家のようですshine

きっと そら くう も共に地震を予感!?
していたのかも知れませんねsweat01

投稿: そらくうママ | 2011年3月21日 (月) 20時34分

そらちゃん、くうちゃん怖かったね。
きっと、安心して暮らせるように、よくなりますからね。
まだ、余震が続くようです。
くれぐれもお気をつけてください。

我家の猫たちは避難訓練として、ハーネスの装着練習はじめました。
慣れないのか、目を点にして、おかしな歩き方になってます。
それを見て、つい笑っちゃってます。

投稿: hwan | 2011年3月21日 (月) 20時24分

そら&くう用に通路が作ってあるって、
ステキですねheart04

そらもくうも、地震を人よりも早く感じ、
人が感じていない恐怖も感じ…
それはそれは怖かったでしょうね。。。crying

投稿: スタッフあかもも | 2011年3月21日 (月) 16時52分

seaさん
コメントありがとうheart01

そうなんですよsweat01
逃げ込む場所って なかなか手が届かなくてsweat02

でも 震災のときは そうとう恐かったのか
のんきんぐが

おいでhappy01

って 手を伸ばしたら 抱きついて来ましたheart02

投稿: そらくうママ | 2011年3月21日 (月) 13時54分

ともたん
コメントありがとうheart01

今は ふたりとも勇ましい顔をして
私の周りをウロウロしていますshine

守ってくれているつもりなのかもしれませんhappy01


くうちゃんは 少し経つと

「こっちだよsweat01 こっちだよsweat01

って 隠れ家がある部屋に来るよう
呼ぶんですけどねcatface(笑)

投稿: そらくうママ | 2011年3月21日 (月) 13時49分

こんにちは。
コメントありがとうございました。

そらちゃんもくうちゃんも、やっぱり安心していられる場所ってあるんですね。
でも、猫ちゃんたちが安心できる場所って、人間の手の届かない場所が多いので、本当に連れて逃げなきゃいけないときは、どうやって引きずり出そうか考えちゃいますね。

投稿: sae | 2011年3月21日 (月) 13時34分

地震は人間も怖くて気分が沈んだまま
ネガティブになっちゃう人も多いんですもん
そら、くうちゃんにとってはもっとも恐ろしかったでしょうねぇ~かわいそうに~
そら、くうちゃんが癒されるますように~
(=^・±・^=)(=^・±・^=)

投稿: ともたん | 2011年3月21日 (月) 00時41分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 甘えん坊ちゃん 見つけた | トップページ | 愛するわが子と ずっと一緒に暮らすために »